フラッシュ脱毛はどんな脱毛?

エステサロンでの脱毛と言えば光を使ったフラッシュによる脱毛が多いです。
またエステだけでなく、クリニックでもフラッシュを導入しているところもあります。
多くの人に人気の脱毛コースですが、フラッシュ脱毛はどのような脱毛でしょうか?

エステで紹介されている脱毛はIPL脱毛とか光脱毛、フラッシュ脱毛とさまざまな呼び方があります。
これらには違いがあるのでしょうか?
一般的に光を使った脱毛が、フラッシュ脱毛と呼ばれることが多いようです。
この光はインテンスパルスライト(Intense Pulsed Light)といいます。
この光を利用した脱毛法は頭文字をとってIPL脱毛と呼ばれることもあります。

インテンスパルスライトを使用した脱毛の原理は、レーザー脱毛と同じです。
このライトを照射することで、毛母細胞がある毛の工場に熱を与え、その熱によって、毛のタンパク質が熱変性をして毛の工場を破壊させるという仕組みです。
毛の工場が処理された状態で、毛は1~2週間後に自然に抜け落ちていきます。

確実に毛の工場が処理されるとは限らないので、何度か繰り返して照射することで、毛の工場が処理され毛が生えにくくなります。

光を用いた脱毛法は、インテンスパルスライトを用いたIPL脱毛の他に、SSC脱毛があります。
クリプトンライトと専用のビーンズジェルを用いて行う脱毛のことをいいます。
こちらの場合は、IPL脱毛と異なり脱毛ではなく光を当てることで、ジェルとの相乗効果で、毛の再生する働きそのものを抑える抑毛という技術で行う方法です。
ですから、脱毛というより減毛、除毛という仕組みで、徐々に毛を目立たなくしていきます。

脱毛と減毛の差はとても大きいですが、光を使った脱毛は永久脱毛ではありません。
ですから、どの脱毛法にもメリット、デメリットがあるのでどの方法が合っているのかを確認しましょう。

光を使った脱毛は大きく分けて、IPL脱毛とSSC脱毛に分けられます。

フラッシュ脱毛の効果は?

フラッシュ脱毛は光を用いて行う脱毛をいいます。

その種類は大きく分けて2種類あり、IPL脱毛とSCC脱毛といいます。
IPL脱毛はインテンスパルスライト(Intense Pulsed Light)を使用した脱毛法で、このライトを照射することで、その熱によって毛の工場である部分を処理します。
メラニンに反応するのが特徴です。

一方SSC脱毛はSmooth Skin Control Hair Removalという脱毛法で、
光と専用のジェルの相乗効果によって、毛の再生する働きを抑える効果があります。
そのため減毛または、抑毛とも呼ばれています。

この様に、およそ二つのタイプに分けられますが一番期待できる効果は毛の量を減らしていくという効果です。
特に毛の量が多い部分には、照射範囲が広いタイプの方法を取ることで短時間で照射が終了します。
またエネルギーが分散しやすいので、熱による肌への負担が小さく痛みなども感じにくいのが特徴です。

IPL脱毛の場合は、照射した毛は1~2週間くらいで自然に抜け落ちていきます。
そして次の成長期には毛の工場の部分が新たにでき成長し始めますが、この時には細い毛として再生します。
そこにまた照射をすることで、毛が処理されていきます。
特に肌の色と、毛の色のコントラストがはっきりしていると効果が高くなります。

この照射から毛の再生という行程が繰り返されることで、毛が生えにくくどんどんと細い毛となっていくのです。
また、ワキなどの毛のヘアサイクルは4ヶ月程度と言われていて、さらに休止期にある毛を考えると、2ヶ月に1度の照射で次々とすべての毛に照射できるようになります。

このサイクルで3~5回程度照射すると、ほとんどすべての毛の工場が処理されるといわれています。
そのため、多くのエステサロンでは回数の目安として6回が基準となっており、効果が実感できるのは1年程度と言われています。
このようにフラッシュ脱毛では、少ない回数と短い期間でかなりの効果が実感できるということになります。

脱毛を経験したことのない人、広範囲にわたって脱毛したい人にとっては、金額が安く負担も少ないため、とても効果的な脱毛法と言えるでしょう。
脱毛